ノウハウ

素人からライターを4年間やってきた私が役に立ったツール5選

素人からライターを4年間やってきた私が役に立ったツール5選

1.Googleドキュメント

Google ドキュメント(Google Docs)とは、Google が提供する無料のオンライン文書作成・編集サービスです。Google アカウントを持っていれば誰でも利用できます。

Googleドキュメントを使用すれば、ユーザーはインターネットに接続された任意のデバイスから、文書の作成・編集・保存・共有が可能です。

Googleドキュメントの主な機能

Googleドキュメントの主な機能は次のとおりです。

機能概要
リアルタイム共同作業複数のユーザーが同時に一つの文書を編集することが可能
オフライン作業インターネット接続がない環境でも、事前に設定をすることでオフラインで文書の編集が可能
自動保存文書が自動的にGoogle ドライブに保存され、手動で保存する必要がない
コメントとリビジョン文書内でコメントを残したり、以前のリビジョンを見たりできる機能
テンプレートテンプレートの使用で様々な用途に適したフォーマットにできる
エクスポートPDFやMicrosoft Wordといった多くの形式でエクスポート・インポートが行える

Googleドキュメントのメリット

Googleドキュメントのメリットは次のとおりです。

  • インターネットがあればどこからでもアクセス可能
  • 複数人との共同作業が容易
  • 無料で高度な文書編集機能が利用できる
  • プラットフォームに依存しない(Windows、Mac、Linux など)
  • リンク共有で記事内容を確認できるため、修正ごとにデータをメールで送り合う必要がない

Googleドキュメントのデメリット

Googleドキュメントのデメリットは次のとおりです。

  • インターネット接続が必要(オフライン作業は限定的)
  • 高度な文書編集には限界がある(例:MS Wordのような高度なレイアウトやスタイリング機能は限られている)
  • データのプライバシーに関する懸念(文書がGoogle のサーバーに保存される)

2.コピペチェックツール

コピペチェックツールとは、文章が他の記事などからコピーされていないか、あるいは他の記事と類似していないかを調査するソフトウェアまたはオンラインサービスです。これらのツールは、学術文書、記事、報告書、および他の書類がオリジナルであることを確認するためによく使用されます。

コピペされたWeb記事は著作権侵害であり、違法です。そのため、コピペされているかどうか確認できるコピペチェックツールは、非常に有用なツールです。

私は無料コピペチェックツール「CopyContentDetector」を使用しています。

コピペチェックツールの主要な機能

コピペチェックツールの主要な機能は次のとおりです。

機能概要
テキスト比較ールは指定されたテキストをインターネット上のコンテンツ、データベース、または指定された文書と比較
類似度スコア類似度スコアを提供し、テキストが他のソースとどれくらい類似しているかを数値で可視化
詳細レポートどの部分が他のソースと一致しているか、ソースへのリンクなど、詳細な比較レポートの生成

コピペチェックツールを活用するメリット

  • オリジナリティの保持:
  • SEO評価の向上
  • 読者の信頼構築:
  • バックリンクの獲得:
  • ブランド認知度の向上およびSNSでのシェア獲得
  • ブランド イメージの向上

コピペチェックツールを使用する際の注意点

コピペチェックツールを使用する際の注意点は次のとおりです。

  • データのプライバシー( 一部のサービスは分析したテキストを保存する可能性がある)
  • 高精度ではあるものの、100%の正確性を保証するものではない

3.Microsoft Wordのスペルチェックと文章校正機能。

スペルチェックと文章校正機能とは、Microsoft Wordに実装されている機能の1つです。以下に機能の詳細をまとめました。

機能概要
スペルチェック機能文書内のスペルミスや誤字を検出し、修正をサポートしてくれます。スペルミスが赤い下線で示されるため、素早く気付くことができます。
右クリックすると、正しいスペルを選択するか、修正の提案を確認できます。
文章校正機能文法の誤りや表現の問題を緑の波線で示し、適切な修正や提案を提供します。右クリックすることで、修正候補を選択するか、より自然な表現への提案を確認できます。
表記ゆれチェック機能表記ゆれが生じている場合、一覧表示にて表記ゆれを表示して修正サポートしてくれます。

この機能を活用すれば、文章の品質を向上させて、読み手に正確で分かりやすいコンテンツを提供できるようになります。

ただし、全ての修正が完璧とは限りません。そのため、文脈を考慮して適切な判断を行うことが大切です。

4.文章校正ツール

文章校正ツールとは、文法ミス、スペルミス、表現の問題などを検出し、文章の品質向上を支援するツールのことです。

ユーザーが作成した文章を入力すると、リアルタイムでエラーを検出し、修正や改善提案を提示してくれます。

私はオンライン文章校正支援サービス「PRUV(プルーフ)」を使用しています。

文章校正ツールの主な機能

文章校正ツールの主な機能は次のとおりです。

機能概要
文法エラー検出文章中の文法ミスや誤った文構造を検出し、修正を提案
スペルチェック誤ったスペルやタイプミスを検出し、正しいスペルを提案
句読点や文体のチェック適切な句読点の使用や統一された文体を確認
同義語や表現の改善言葉のバリエーションを提案し、文章をより豊かにする
冗長な表現の削除不要な冗長な表現を指摘し、文章を簡潔にする
一貫性のチェック表現や用語の一貫性を確認し、統一感のある文章を作成
修飾語の位置や使用の確認修飾語の適切な配置や使用法を確認
構造の改善提案パラグラフや文章構造の改善案を示し、読みやすさを向上
表現の適切さの評価コンテクストに合わない表現や適切でない表現を指摘
フォーマットのチェックタイトル、見出し、箇条書きなどのフォーマットを確認

文章校正ツールを活用するメリット

文章校正ツールを活用するメリットは次のとおりです。

  • 文法ミスや誤った文構造を確認し、文章の正確性を向上させられる
  • タイプミスやスペルミスなどを細かく修正できるため、プロフェッショナルな印象を与えられる
  • 表現やスタイルの一貫性をチェックして、読み手の理解を助けられる
  • 読みやすさの向上: パラグラフや文構造の改善案を提示して、読み手の興味を引きます。
  • 学術論文やビジネスレポートの専門用語や表現の適切さを検証できる
  • 文章校正の時間と労力を削減できる

文章校正ツールを活用するデメリット

文章校正ツールを活用するデメリットは次のとおりです。

  • 文脈によって正しい修正が異なる場合があり、ツールだけでは文脈を完全に把握することは難しい場合がある
  • 特定の専門用語や業界固有の表現に対して、ツールが適切な提案を行えないことがある
  •  ツールに過度に依存すると、自身のライティングスキルの向上が妨げられる可能性がある
  • 自動生成された提案が必ずしも最適なものとは限らない
  • ツールでも全てのエラーや不適切な表現を検出できないことがある
  • ツールによって自動的にフォーマットが変更されることがあるため、意図せずにレイアウトが崩れる可能性がある

これらのデメリットを踏まえつつ、文章校正ツールを効果的に活用する際には、ツールの提案を検討しつつも、最終的な判断を人間の目で行うことが重要です。

5.ChatGPT

ChatGPTは、OpenAIによって開発されたAI言語モデルです。自然な会話やテキスト生成に秀でており、人間のような応答を生成します。質問応答やテキスト生成、アドバイス提供など、幅広い用途で活用可能です。

知識や文脈を考慮に入れて会話し、説明したりアイデアを提供したりする能力を持ち、言語スキルの向上などにも役立ちます。

私はペルソナ設定や検索ニーズの把握に使用しています。

ChatGPTの主な機能

ChatGPTの主な機能は次のとおりです。

機能概要
自然な会話生成人間のような対話を生成する。
質問応答ユーザーの質問に適切な回答を提供する。
テキスト生成クリエイティブな文章やストーリーを生成する。
要約長文を要約して簡潔にまとめる。
言語翻訳異なる言語間でテキストを翻訳する。
アイデア提供問題解決やアイデアの提供をサポートする。
学習支援学習資料の説明や質問への回答を支援する。
効率的な文章生成ライティングタスクを効率化し、時間を節約する。
カスタマイズ特定のコンテキストに合わせてモデルをカスタマイズする。

ChatGPTを活用するメリット

ChatGPTを活用するメリットは次のとおりです。

  • 自然な言葉でのコミュニケーションを実現できる
  • 質問応答、文章生成、要約、翻訳など、多岐にわたる応用が可能
  • リアルタイムで素早い返答を提供し、情報取得を迅速に行える
  • 学習資料の解説や質問に対する回答で学習を支援
  • クリエイティブな文章や専門的なテキスト生成の支援
  • 異なる言語への翻訳やコミュニケーションを容易にする

ChatGPTを活用するデメリット

ChatGPTを活用するデメリットは次のとおりです。

  • 文脈理解が一部に限られ誤った回答や提案になる場合がある
  • 特定の専門知識や技術的なトピックに関して、情報提供が難しい場合がある
  • ユーザーの意図しない内容を生成し、制御が難しい場合がある
  • 同じ入力に対して異なる出力を生成し、一貫性が欠ける場合がある
  • 全てのエラーや不適切な表現を検出できない
  • 偏見や不適切な内容が生成されるリスクがある

これらのデメリットに対処するためには、従来の文章制作同様、生成内容の確認や編集などを行う必要があります。

まとめ

私がライターを4年やってきて役に立ったツールは次の5つです。

  • Google ドキュメント: インターネット接続があればどこからでもアクセス可能で、複数人での共同作業が容易。無料で高度な編集機能が利用でき、プラットフォームに依存しません。
  • コピペチェックツール: オリジナル性を保持し、著作権侵害を避けるために使用。テキスト比較や類似度スコアなどでコピーコンテンツを検出。
  • Microsoft Wordのスペルチェックと文章校正機能: スペルや文法ミスを検出して修正支援。文章の品質向上に役立ちます。
  • 文章校正ツール: 文法エラー検出や表現の改善などで文章の品質向上を支援。読みやすさや専門用語の適切さもチェック。
  • ChatGPT: 自然な会話やテキスト生成に優れたAIモデル。質問応答や文章生成、翻訳など多彩な用途に利用可能。

これらのツールを適切に活用すれば、ライターの作業効率と文章品質を向上させることができるでしょう。ただし、コピペチェックツールや文章校正ツールはツールの総称であり、提供している企業によってツールの特徴や機能は異なります。

また、今回紹介したツールが記事制作で絶対に必要というわけではないため、実際に使用してみて自身と相性が良いツールを導入していくとよいでしょう。

-ノウハウ

お問い合わせはこちら!
お問い合わせはこちら!